忍者ブログ

Colorless Line

境界線はそこにあるもの 存在している壁 見えない 透明な糸を 夕日に染めて つながりはここにある
2017
10,17

«[PR]»

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006
08,03

行ってきました。キャラメルボックスの「雨と夢のあとに」を観てきました。平日はまだ席に余裕があるようですので、興味のある方は是非。私は5日前の予約で1階20列前後の中央でした。予想以上に良い席でびっくり。2階席は席が余っていたみたいです。前説で加藤さんが「赤い四角のお客さんがいっぱいいますね~(苦笑)」と言っていたし。

前評判で泣く泣くと言われていた通り、確かに泣ける劇でした。So-netのオンデマンド配信でもう一度観ちゃいました。

柳美里さんの原作本を買って読みました。クロノスの時に梶尾真治さんの原作本同様、直筆サイン入りが販売していたから、つい(笑)。テレビは見ていなかったからわからないけれど、2時間の劇の中に、キャラメルらしくうまくまとめたんじゃないかなぁと思う。

以下、
ちょっとネタバレもありますので、 よろしこ。
(ドラックまたは、Ctrl+Aで反転させて下さい)

ただ、メリハリがちょっと微妙だったかも。ぐーっと泣ける次に笑いが入るタイミングが、水を差されたような・・・。霧子が朝晴の姿を見ることができた時の首チョップは、オンデマンド配信で表情を見ると納得できたんだけど、席が遠いと伝わりきれないなぁ。北斗への手紙で「お父さんに囲まれています」という時もグッときたんだけど、その後すぐ切り替わっちゃうから余韻にひたりきれない。雨ちゃんも後半になって劇に溶け込んだ感じはするけれど、頑張っているのもわかるけど、う~~~~ん。演技は演技なんだけど、声の出し方にしても舞台となると別なのかな。

それとクローズ・ユア・アイズと似ている。役が岡田さんだから余計かなぁ。私はクローズ・ユア・アイズがキャラメル初観劇で、その印象と衝撃が強いから、どうしても今回の劇には入り込みきれなかった感じがする。初めての印象ってすごく強いよね。でも、原作をうまく生かした泣ける劇であることは間違いないし、麻由子ちゃんファンの小学生もいたし、私もボロボロに泣いたので、席に余裕もあるので、機会がある方は見て見てくださいね~。

では、では。

PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

trackback
この記事のトラックバックURL:

プロフィール
HN: りん
性別:女性
リンク・TBはご自由にどうぞ。ただし記事と無関係と思われるTBやコメントは削除させて頂く場合があります。何かありましたら、下のメールフォームからお問い合わせ下さい。
メールフォーム
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
アクセス解析

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]